「ほの国」概要

モノづくりの国「ほの国」

ほの国の自治体、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村、それぞれの市町村の面積や人口を纏めた表が上記になります。

人口は豊橋市がぶっちぎりの1位、次いで豊川市、蒲郡市となっています。

土地面積は新城市がぶっちりぎりの1位です。次いで設楽町、豊橋市となっています。

土地面積当たりの人口は実は蒲郡市が1位で次いで豊橋市、豊川市となってます。

データを見ていて一番目を引くのは田原市の工業製品の出荷額や農業産出額が1位である事ですね。人口こそ少ないですが、かなりの収益を出しています。

ほの国の工業製品の出荷額は福島県や大分県と並ぶ程の出荷額があります。西三河や尾張が目立ちがちですが、ほの国はモノづくりの国である事が分かって頂けるかと思います。

 

ほの国の高齢化問題

上記のように強力な産業能力を持っているほの国ですが、実は大きな問題を抱えています。

それが少子高齢化です。これはほの国だけの問題ではなく、日本全体での問題ではありますが、地域社会構造を維持する為のファクターとしてはキーになってくる重大な問題です。

これから増えるシルバー層の対策と、若年層の流出を抑えない限り、ほの国の少子高齢化は避ける事が出来ないのです。

住みよい街、ほの国をアピールし、魅力ある街にしていく事が絶対的に必要になってきます。

 

今後は、静岡県の浜松市、長野県飯田市と手を取り合って対策を練っていく必要があります。